RENOVATION

建物の原形を極力残したく・・。 壊しては修復・・・壊しては修復・・・そして、壊しては・・・大正の発見! と約4ヶ月かけてゆっくりと創り上げていったのです。 残念なのは・・銭湯のシンボルである煙突は、数年後に倒れる恐れがあるため撤去しました。 そして・・息を吹き返すリノベーションを創り上げていったのです。
  • 約40cmのレンガ壁に覆われていた浴室部分です。 昔、積上げた苦労に本当に感謝!。

  • ボイラー室の撤去跡には、 大正時代の色々な面影が出てきました。

  • 一番大変だった浴槽部分は、ゆっくり・・ 壊しては考え壊しては考えの繰り返し。

  • ボイラー室と燃料小屋を全て撤去。 撤去したものの・・・どう増築?悩み悩み。

  • 縁側の部分は、既存の躯体や土壁を残しながら・・ 新しい空間作り。。。

  • ニ階床部分は奥に20cmほど傾いており、 ジャッキでちょっとちょっと調整。。

  • 2階の天井を開くと、こんなにしっかりとした 「がらんぼう」で支えてくれてました。 気持ちよい空間に仕上がりそうです。。

  • 大正時代に普通に貼ったタイルも、今こう見ると アートです。一枚一枚丁寧に手で 色の配色を考えながら貼られてました。